「日光高原学園」視察報告

7月23日に渋谷区の小中学校の宿泊体験や自然体験の移動教室・夏期教室として利用される、日光高原学園が行われる宿泊施設を視察しました。

以下、視察の報告になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1日  時   7月23日(火)

2場  所   「日光高原学園」

3調査の結果又は概要(意見)

 昨年度までは13校であったが、今年度から区内全18の小学校6学年の夏期施設(歴史・文化体験)として利用される奥日光湯元温泉湯守釜屋を視察。7月31日から8月10日まで、3校が順次訪れ、貸し切りで利用。約150名から170名を受け入れる。一部屋に最大10名が宿泊。
 プログラムとして日光東照宮見学、華厳の滝見学、足尾銅山見学、戦場ヶ原ハイキングなどを行う。また、雨天時にも対応ができるように日光彫体験ができるよう事前に講師の予定をとっているという。渋谷区のほか新宿区、日野市など年間250校、約2万人の児童・生徒を受け入れているということで、施設側の体制、ノウハウも蓄積されていると考える。今後も夏期施設として有効かつ安全な利用を望む。 ��,

渋谷区のすべての区立小学校の6学年が宿泊する湯守釜屋
天然温泉の浴場
年間250校の受け入れをしており、食事も学校専用のメニューも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。